自分が得をする値引き交渉

長く住む場合は家賃の値引き交渉をしましょう

値引き交渉をして賃貸物件を契約した方が良いですが、自分が一番得をする事ができる方法を考えるようにしましょう。値引きをしてもらえる項目は家賃や敷金礼金があります。初期費用を少しでも少なくしたいと考えている方は、敷金礼金を値引きして欲しいと考えてしまいますが、長く住む予定がある方は敷金礼金を値引きしてもらうと損をしてしまう可能性があります。長く住む方は家賃を少しでも値引きしてもらうように交渉をすると良いでしょう。

長く住めばその分だけ得ができます

家賃はあまり大幅に値引きをしてもらえません。理由は大家さんもあまり値引きをしたくない項目になるからです。1ヶ月分の家賃を3千円値引きしてしまうと、1年間で3万6千円の値引き金額になります。2年間だとその倍になってしまうので、大家さんからすると家賃の値引きは避けたいです。しかし長く住む予定の方は、粘って家賃の値引きをしてもらうようにしましょう。長く生活すればするほど得ができるので、千円でも2千円でも値引きしてもらうようにしましょう。

迷っている方は家賃の交渉をしましょう

あまり長く生活をする予定が無い方が家賃の値引きをしてもらうと損をしてしまう可能性が高くなります。半年間しか住む予定が無い方は、敷金礼金の値引きを依頼すると良いです。1ヶ月分でも安くしてもらうと数万円得ができます。自分がどれだけ住むのか決まっていない方は、家賃の値引き交渉をするのか敷金礼金の値引き交渉をするのか迷ってしまう傾向がありますが、決まっていない場合は、長く生活する可能性を考えて、家賃値引きで交渉をすると良いです。

札幌市北区の賃貸マンションは、ローンの審査がないので一戸建てに暮らすよりも気軽に暮らせますし、精神的にも楽になります。