注文住宅のキッチンデザインの注意点

無駄に広くしないようにしよう

 注文住宅の利点は、自分の好きな家ができることです。そのため、キッチンデザインをする際、広い方が何かと便利かと考え、そうしてしまう人がいます。

 しかし、キッチンを無駄に広くすると、移動だけで疲れてしまいます。

 家族の数が多いとか、定期的に大人数を招待してパーティーを開くという習慣がない限り、その大きさは必要最低限に留めるようにしましょう。

 これは他の部分を圧迫しないためという意味もあります。普段の行動を振り返るようにしましょう。

収納スペースを考えよう

 キッチンデザインをするときに気にすべきこととしては、他に収納の位置を考慮することがあげられます。

 これは台を使わないと背が届かない位置に収納を作ると、そこに置いているものを使わなくなることに起因しています。

 また、開けるときに力を入れなければいけないようにするのも好ましくありません。これは将来筋力が低下した際、かなりの不自由を感じることになるからです。

 長く使う空間であるという認識を持って臨むことにしましょう。

照明の位置や作業スペースを考える

 機能性の追求という意味において、照明の位置はあまり重視されない傾向にあります。しかし、それを考慮しておかないと、キッチン全体が薄暗くなるため、作業がしづらくなります。

 これは視力が弱ったときに転倒しやすくなることにも繋がるので、専門家の意見を取り入れておきましょう。

 また、日頃の作業状態を無視した作りにすると、効率が落ちます。自分が普段どのような感じで料理をしているのかを意識し、その都合を盛り込んでおきましょう。

注文住宅とは土地の所有者が家を建てる際に建設会社を通して自分の好きなように家具の配置や部屋の場所などを決める事です。