相続税対策は複数組み合わせると良いってホント!?

土地活用と生命保険の2本立て

相続税対策は以前は必要なかったという人であっても、相続税法改正により基礎控除が大幅に削減されたことから一般庶民であっても相続税がかかってくるケースが増えました。以前は最低でも6000万円以上資産が無ければ全額非課税でしたが、改正後は3700万円以上資産があれば法定相続人の数次第では課税対象となります。日本の相続税は世界的に見ても高額として知られているので、対策をしなければ年収以上の金額が持って行かれることになりかねません。

土地活用を利用して対策したい

駐車場として使用している土地がある場合には、建物が建設されていないので土地の評価額がそのまま相続税の課税対象となってしまいます。200平米以下の部屋で区分けされたアパートを建設して賃貸に出せば、固定資産税と都市計画税の減税対象となるだけではなく、土地の評価額を下げることが出来るので更地で持っている場合よりも課税対象額を減らせます。残された家族には家賃収入がそのまま継続されることから、相続対策として有望視されています。団体信用生命保険に加入することが一般的ですから、契約者がローンを残したまま亡くなっても保険金で残債は一括返済されて安心です。

生命保険は終身保険を利用する

生命保険が相続税対策として役に立つことはあまり知られていません。相続人1人あたり500万円の非課税枠が与えられるので、相続税対策として活躍が期待されています。しかし、生命保険は外交員に言われるまま契約していると、終身保険の額は少なく設定されている可能性があり要注意です。定期付終身保険であれば定期の部分が相続税対策として役に立たないので見直しを行う必要があります。同じ保険料を掛けるのであれば、家族に役に立つようにしたいものです。

相続税対策を立てるために、信頼のおける税理士などの事務所に相談をすることで、余裕を持って行動ができます。